ブログ

2018-03-07 12:59:00

17c701e7-e1422949361313.png

ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青色の可視光線のこと。人間の目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。そのため、目の疲れや痛みといった、眼球に対する直接的なダメージも与えることがわかっています。太陽光や蛍光灯、白熱灯などにもブルーライトは含まれまますが、要注意なのは近年普及している白色のLEDを使ったバックライトです。パソコンやスマホといったLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。白色LEDの白い光は青色の光源と黄色の蛍光体を組み合わせることで実現しているため、同じ強さの光でもブルーライトが含まれる量がどうしても多くなってしまうのです。

 

そのブルーライトをかなりカットしてくれるレンズが登場しました!!

店頭で実際に効果をみることができます!

はい!お客様からとても好評です(^O^)/

今現在、ご使用中のメガネのレンズをブルーライトカットレンズにしてみませんか~